【事例紹介】ITシステムの構築、設計、運用・保守及びコンサルティングを提供するウガトリア社へ、ラボ型ITオフショア開発ソリューションの提供を開始いたします

Innovasia MJ Co.,Ltd.(本社:ミャンマー ヤンゴン、代表取締役社長:吉本 英治)は、ITシステムの構築、設計、運用・保守及びコンサルティングを提供している株式会社ウガトリア(本社:東京都中央区、代表取締役社長:河野 敦)向けに、ミャンマーでのラボ型ITオフショア開発ソリューションの提供を2019年10月1日より開始いたします。

ウガトリア社 概要


社名  :株式会社ウガトリア
所在地 :〒103-0013東京都中央区日本橋人形町1丁目8番4号 東商共同ビル8F
代表  :代表取締役社長 河野 敦
設立  :2011年2月

主な事業:
法人向け業務システムから、コンシューマ向けWebサイト構築、携帯サイト構築、スマートフォン対応アプリケーション開発など、ITサービス全般のコンサルティング、開発・保守運用サービスを提供。

ラボ型ITオフショア開発とは?

当社はミャンマーのヤンゴンに拠点を持つ日系のラボ型ITオフショア開発企業です。

各クライアント専属のチームを組成し、日本のITエンジニア不足を補うソリューションの提供を行っています。ラボ型ITオフショア開発は専属のチームを組成することから、各クライアント固有のニーズに合わせた開発業務を自由に行うことが可能です。

当社のラボ型ITオフショア開発ソリューションの提供を開始することで、ウガトリア社は開発の生産性向上を加速させ、いっそうの付加価値向上につながるものと考えています。今後も当社は、より良いサービスを提供するとともに、さらなるラボ型ITオフショア開発事業の発展に邁進してまいります。